間接材購買の業務プロセス「ソーシング」とは

間接材購買の業務プロセスのひとつとして「ソーシング」があります。ソーシングとは取引先の選定・交渉のプロセスのことであり、ソーシングにより納入される間接材の品質や価格が決まる傾向です。ここでは間接材購買において重要なプロセスであるソーシングについて詳しく解説します。

ソーシングとは

「ソーシング」とは、間接材購買において取引先の選定・交渉を行うプロセスのことを指します。企業と取引をするには、自社にとって少しでも有利な条件を得たいと思うものです。そこで見積もりの取得やサプライヤー調査などのソーシングを行い、必要な間接材を取引する条件や、仕様を明確にします。

ソーシングの情報をもとにパーチェシングを行う

ソーシングの情報をもとに行われるのが「パーチェシング」です。簡単に言えば、パーチェシングとは間接材購買のことです。ソーシングから得られた情報によって、実際に間接材の発注・納入・支払いなどの購買に関するプロセスのことを指します。パーチェシングが目指すのは、間接材の安定的な供給です。

また日々のパーチェシングにおいてのフィードバックは、ソーシングにも影響を与えます。ソーシングはデータ分析はもちろん、実際の購買であるパーチェシングの結果も取り入れた上で行われるものです。

間接材購買におけるソーシングの役割

条件の整理

間接材購買におけるソーシングの役割として、「条件の整理」があります。条件の整理とは購買する間接材の仕様・品質・価格・納期など、購買における条件を明確に整理することです。

たとえば間接材が納品された後に送られてきた請求書が、自社が考えていた金額と大幅に違っていては困ります。間接材の仕様や品質が異なっていた場合も同様です。そこでソーシングにて条件を整理すれば、自社が要求する間接材の詳細を定義づけられます。

取引先に要求が正しく伝わってこそ、求めていた間接材が納入されるものです。したがってソーシングは、求めている間接材を正しい条件で購買するために欠かせません。

サプライヤの評価

間接材購買におけるソーシングのもうひとつの役割は、サプライヤの評価です。サプライヤによって間接材の品質や、サービスレベルは異なります。しかし購買する側にとっては、間接材・サービスともにレベルが高いことで、不安なく購買できるはずです。

不安なく購買するために必要となるのが、サプライヤの評価です。サプライヤの経営状況や物流などを加味し、不安なく取引できる企業であるか確認する必要があります。

ただしサプライヤを正しく評価したとしても、ソーシングにおける条件の整理が正しく行われなければ、求めている間接材購買にたどり着かないかもしれません。まずは条件を整理し、条件を満たすサプライヤを選ぶことを心がけてください。

ソーシングでは実績や現状におけるデータ分析が欠かせませんが、購買システムの利用によってデータの分析が簡易化されます。間接材は種類が豊富で、購買データの分析には多くの時間や手間がかかります。購買システムによりデータ分析を効率的に行えるようになれば、間接材のソーシングもさらに楽になるはずです。

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選