ERPと購買管理システムの違い

購買管理システムと似たシステムとして、「EPR」と呼ばれるものがあります。しかしEPRは基幹システムのことであり、購買管理システムよりもさらに広い範囲で業務を一元管理できることが特徴です。EPRと購買管理システムにはどのような違いがあるのか、EPRのメリットや役割を通して見ていきましょう。

ERPとは

ERPとは「Enterprise Resource Planning(企業資源計画)」の略称であり、基幹システムのことです。会計・人事・生産・物流・販売などの業務を一元管理するシステムのことを指します。つまり企業の業務全般を管理する役割を担っており、購買管理システムとの違いは製品や金銭の管理だけにとどまらないことです。

ERPの役割

業務効率化をはかること

ERPが持つ大きな役割であるのが、業務効率化をはかることです。生産管理を行ったり、過去の販売データの分析による在庫管理を行ったりできるため、業務の無駄がなくなり効率がアップします。

コスト削減をはかること

業務効率化をはかるとともに、コスト削減をはかることも役割のひとつです。たとえばERPで生産管理を行えば、効率的な生産体制を築けるようになり、人件費や作業工程ごとにかかるコストを削減できます。また在庫管理を行うとすれば、余剰在庫や不足などを防ぎやすくなり、仕入れや保管のためのコストを減らせるはずです。

業務データの連携と視認化を行うこと

ERPでは業務データの連携と視認化が行えることも役割としてあげられます。ERPで取り扱えるそれぞれの業務データを視認化した上で連携させられれば、業務についてのさまざまな判断が下しやすくなります。業務データの分析や変化の把握、連携が可能となることで、迅速な経営判断を行うサポートを行うのがERPです。

ERPを導入するメリット

費用を抑えながら短期間にて開発可能

ERPにはさまざまな種類があります。中でもコンポーネント型ERPと呼ばれるシステムでは、既存システムとの連携が簡単であり、さらに必要なときに必要な機能を拡張できることが特徴です。後から機能拡張ができることから開発期間が短くなり、費用を抑えながら導入できることがメリットとなります。

また業務ソフト型ERPでは特定の分野のみのERPを開発できるため、こちらも開発期間短縮と費用削減のメリットが感じられるERPのひとつです。

社内全体の活動を可視化できる

ERPを導入すると、社内の全部署における活動を可視化できるようになります。経営者層が企業全体に関する判断をしたり、社内全体の状態を把握したりするときに便利なシステムです。購買管理システムよりさらに広い範囲で社内業務を一元化できるため、全体を見渡したいときに役立ちます。

社内のデータ分析精度が高まる

EPRには社内のデータを連携させ、分析を可能にする役割があります。そのため社内全体のデータを即座に反映させることができ、データの分析をする際の精度アップに貢献するはずです。データの視認化によってだけでなく、分析により社内業務の把握がより正確に行えるようになります。

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選