課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 > 購買管理システム・間接材購買について徹底解説

購買管理システム・間接材購買について
徹底解説

購買管理システムとは、購買業務を一元化し利益を上げる大切なものです。選ぶときに注目すべきポイントを解説します。

そもそも
間接材、直接材とは?

企業が購入する物品には、売上に直接関わる直接材と間接的に関わる間接材があります。製品の部品は直接材、工具は間接材です。間接材を管理することでコスト削減につながります。

間接材・直接材について
詳しく知りたい

間接材のコストを
削減するには?

管理しづらい間接材のコストを削減するには、購買業務を可視化することが大切です。フローを構築してデータを解析することで、価格交渉や購買活動の改善など、戦略が見えてきます。

間接材のコスト削減について
詳しく知りたい

Saas型の購買管理システム
について

インターネットのクラウドを利用した購買管理システムには、カスタマイズ性や難易度の異なる3つの種類があります。利用しやすく管理が簡単なSaas型の購買管理システムがおすすめです。

Saas型の購買管理システムを
詳しく知りたい

購買管理システムは
クラウド版、パッケージ版
どちらを選ぶべき?

初期費用だけで月々の利用料金がかからないパッケージ版とネット接続で利用し利用料金がかかるクラウド版。メンテナンスやデータ管理の利便性ではクラウド版に軍配があがります。

クラウド版・パッケージ版の
購買管理システムを比較する

購買管理システムを
導入するメリットや効果は?

購買管理システムを導入するメリットには、「コスト削減」「業務の簡易化」「内部統制の強化」などがあります。購入価格と業務コストの削減は、利益に直結する大きなメリットです。

購買管理システムを導入するメリットを知りたい

購買管理システムのフローを解説

サプライヤのシステムでは、物品の選定と購入が可能。バイヤー型の購買管理システムを導入すると、申請・見積り・選定・承認・発注・支払いの一連の業務をフロー化できます。

購買管理システムのフローを
詳しく見る

パンチアウト連携とは?

購買管理システムから外部カタログへ接続できるパンチアウト連携機能は、購買管理システムの使いやすさを決めるポイントです。購買業務のスリム化、メンテナンス業務の大幅削減につながります。

パンチアウト連携について
詳しく見る

販売管理システムとは?

購買管理システムにはデータを一元管理化や管理コスト削減、在庫の見える化など、業務を効率良くこなすための役割が多数備わっています。繰り返しPDCAサイクルを行うことで、管理業務を最適化するシステムです。

販売管理システムについて
詳しく見る

購買管理システムの種類とおすすめの選び方

購買管理システムには、オンプレミス型とクラウド型の2種類があります。どちらもメリット・デメリットがあるため、企業の課題や特徴に応じてベストな種類を選びましょう。購買管理システムの賢い選び方や、2種類のシステムの特徴をわかりやすく解説しています。

購買管理システムの種類や選び方
を詳しく見る

集中購買・分散購買とは

集中購買は、発注を本社がすることで購買に関連するプロセスが整理しやすく、蓄積されたデータを通じた値引き交渉ができます。ただし、時間がかかり各事業所への運搬費用が大きくなりがちです。分散購買は各事業所単位による発注で、現場に合わせた購買管理はできますが値引き交渉がむずかしくなります。

集中購買・分散購買について
詳しく見る

購買管理システムの機能とは

購買管理システムは見積もり比較や発注、カタログ購買機能など、これまで多くの手間が発生していたプロセスをデータ化して一元管理できるのがメリット。既存のシステムと連携できる機能があれば、全社的な作業工数の効率化が図れる優れたシステムのひとつです。

購買管理システムの機能
について詳しく見る

仕入れ管理とは

仕入れ管理とは「仕入れを管理するシステム」です。仕入れ管理業務がいい加減だと会社経営に悪影響を与えます。仕入れ管理を適切に行うと業務効率化につながり、作業フローの属人化を避けることが可能です。引き継ぎも楽になり、1人の管理者へ作業負担が集中するのも防げます。

仕入れ管理について
詳しく見る

プロキュアメントとは

プロキュアメントとは調達業務を指します。各部署と連携して、資材や人員などを調達するのが主な役割です。プロキュアメントは仕入先と連絡をとることもあり、業務内容も多岐にわたるのが特徴。購買システムを導入すると業務の効率アップが期待できます。

プロキュアメントについて
詳しく知りたい

購買管理と調達管理の違い

購買管理は購入して調達するのが目的です。一方の調達管理は購入に限らず、さまざまな手段で生産計画に沿って調達することが求められます。購買システムを導入するには、両者の違いを理解し自社の課題に合わせたシステム選びが大切です。

購買管理と調達管理の違い
について詳しく知りたい

購買管理における内部統制の構築ポイント

購買管理部門は、各種発注および自社の予算を活用可能なため、不正につながりやすい側面もあります。購買管理の不正を防ぐには、購買管理規程というルールを定めること、ルール設定時に内部統制の構築ポイントを押さえながら管理していくのも重要です。

購買管理における内部統制の
構築ポイントについて詳しく見る

購買管理で重要なISO認証

企業価値向上や信頼向上などにつながる国際標準化機構のISOには、品質管理に関わるISO9001があります。ISO9001は、購買プロセスにおける品質管理など、購買管理部門の品質向上につながる内容が定められているのが特徴です。

購買管理で重要なISO認証
について詳しく見る

購買システムで業務効率化を図る

購買システムとは業務の効率化を図れるシステムです。導入することで購買管理業務がスムーズになり、担当者の負担が軽くなります。購買データの一元管理で情報の共有化もできるほか、不正予防の助けにもなるのです。

購買システムで業務効率化
について詳しく知りたい

販売管理5原則とは?

販売管理には5つの原則があります。適切な取引先の選定や品質確保、数量・納期・価格の適正化などです。5原則は販売管理の基本で、怠ると自社の信頼性だけでなく製品の品質の確保や利益にも影響を与えます。販売管理を検討する上で把握したい基本原則です。

販売管理5原則とは?について
詳しく知りたい

購買管理システム導入時に
注意したいポイント

システムを導入する目的や取り入れる分野などを曖昧なままだと、業務の負担が増えてしまうこともあるので注意が必要です。導入する前に購買管理システムを導入する目的・スコープ・方針を明確にすることが大切になってきます。

購買管理システム導入時に
注意したいポイントを詳しく見る

定量発注方式とは

一定まで在庫量が減った場合に、前もって定めた量を発注する方法のことです。常に常備が必要な製品においておすすめできる方法で、発注業務の手間を大幅に省けるといった利点があります。ただ何らかの要因で需要が大幅に変化する場合には対応しにくいというデメリットもあるでしょう。

定量発注方式を
詳しく見る

支払通知書とは

支払う側が発行する書類で、日時や金額、案件名などを明記し「この内容で支払います」という旨を伝えるものになります。金額ミスを防げるなど経理業務の効率化が図れるでしょう。ただ保管期間が定められているので注意が必要です。

支払通知書を
詳しく見る

検収業務とは?業務の効率化はできる?

検収業務とは納品された商品や成果物の内容が、事前に発注している内容と相違ないか確認する作業です。購買管理システムを導入することで、検収業務を効率化して自社と取引先の双方でメリットを追究しやすくなります。

検収業務について
詳しく見る

購買管理システムの失敗事例から学ぶ対策法

目的を見失う、スケジュールがタイト、既存のシステムとの連携性などが要因で、システム導入を失敗と感じるケースもあります。失敗しないためにも、失敗から対策を学ぶことはできるでしょう。自社に合ったシステムを導入するためにも、しっかりと対策を講じてください。

失敗事例から学ぶ対策法について
詳しく見る

購買管理システム導入時に利用できる補助金・助成制度

購買管理システム導入する際、IT導入補助金などの補助を活用できます。通常枠やデジタル化基盤導入類型など複数の種類があり、それぞれ補助上限額などが異なるので注意しましょう。条件などを確認し、適切に申請を行うことが大切です。

利用できる補助金・助成制度について詳しく見る

購買管理システムのリプレイス

古くなった購買管理システムを新しいものへリプレイスすることで、業務効率の改善かやコスト削減といったメリットを追求することができます。ここでは購買管理システムのリプレイスについてポイントを詳しくまとめました。

購買管理システムのリプレイスについて
詳しく見る

製造業の購買システム

製造業ではさまざまな資材や部材の購買を行いますので、購買システムの導入は業務効率化やエラー防止などのメリットが得られます。どのような仕入を取り扱っているのかを洗い出し、自社に合った購買システムの導入を実施しましょう。

製造業の購買システムについて
詳しく見る

ローカルカタログ(CIFカタログ)

ローカルカタログ(CIFカタログ)とは、製品・サービスに関してのデータを含んだ静的ファイルのことです。カタログファイルを購買システムに登録・公開すると、そのカタログに掲載されている商品を選択できるようになり、購入が可能になる、という仕組みです。簡単にカタログの登録・公開ができます。

ローカルカタログ
(CIFカタログ)について
詳しく見る

既存システムと購買管理システムの連携

既存システムと購買管理システムを連携することで、より効率よく業務が行えます。データの量や活用方法に基づいて連携方法を選択し、より利用しやすいシステム連携を検討しましょう。便利な機能を利用できれば、より効率良く業務が行えます。

既存システムと購買管理システムの連携について
詳しく見る

購買管理システムとあわせてWeb-EDIを活用しよう

購買管理システムとWeb-EDIを併用すれば、さらに便利でセキュリティレベルの高い電子商取引を行えるようになります。Web-EDIは始めての方でも低コストかつ簡単に導入できますが、場合によっては費用対効果が低くなってしまうこともあるためデメリットも知っておいてください。

購買管理システムとあわせてWeb-EDIを活用について
詳しく見る

購買管理システムを導入するべき企業の特徴

購買管理システムを導入するべき企業には、ある特徴があります。備品や消耗品の購買・管理に困っていたり、取引を手動で行っていたりする企業です。購買管理システムを導入するべきか迷っている方は、自社に該当する項目があるかどうか確認してから導入について判断してください。

購買管理システムを導入するべき企業の特徴について
詳しく見る

間接材購買をExcel管理するメリット・デメリット

間接材購買をExcel管理している企業は多いものですが、そのような企業は購買システムを導入するとその便利さを実感できるはずです。Excelには無料で使える可能性があること、使い勝手が良いことなどのメリットもありますが、デメリットもあります。購買システムとどちらが使い勝手が良いか比較し、導入を検討してみてください。

間接材購買をExcel管理するメリット・デメリット
について詳しく見る

ERPと購買管理システムの違い

ERPと購買管理システムは、取り扱うデータの種類に違いがあります。EPRは基幹システムであり、社内全体のデータを集約し一元管理するためのシステムです。しかし間接材購買管理においては購買管理システムの方が向いていることもあるため、両者の違いを知ってから選ぶことが大切です。

ERPと購買管理システムの違い
について詳しく見る

間接材購買におけるDX化のポイント

間接材購買におけるDX化のポイントは大きく4つ挙げられます。購買方針や導入目的をきちんと決める、プロジェクトメンバー間で共有する、データの蓄積や活用を意識する、ソーシングもシステム化するです。これらのポイントを意識したうえでDX化を推進することで、購買業務に携わる従業員の時間や手間を削減し、本来力を入れるべきコア業務に集中する環境を整えられるでしょう。

間接材購買における
DX化のポイント
について詳しく見る

間接材購買において重要な「QCDとは」

間接材購買において重要なQCDは、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)のそれぞれの頭文字をとって並べた言葉。品質、コスト、納期の順に重要度が高く、コストがやや高めだったり納期が多少かかってしまったりしても、品質は基準を満たすように心がけることが重要です。

間接材購買において重要な
「QCDとは」
について詳しく見る

間接材購買の業務プロセス「ソーシング」とは

間接材購買における「ソーシング」とは、取引先の選定と交渉のプロセスのことです。間接材を購買するには、より良い条件で、自社が求める品質・仕様の間接材が必要となります。そこで取引先の情報を収集したり、交渉したりすれば、求める間接材をよい条件で得られやすくなります。

間接材購買の業務プロセス
「ソーシング」
について詳しく見る

間接材購買でガバナンスが低下する理由とは

間接材購買でガバナンスが低下する理由とは、部署・部門間で購買される間接材が統一されないことに由来します。統一性がなければ社内での連携が取りにくくなったり、経営層から社内全体が把握されなかったりする事態も起こりかねません。ガバナンス低下を防ぐ3つの方法の実践が大切です。

間接材購買でガバナンスが
低下する理由
について詳しく見る

マーケットプレイスとは

マーケットプレイスとは電子取引所のことで、インターネット上で売り手と買い手を結びつける役割を果たす場と言えます。企業の購買においてマーケットプレイスを利用すると、コスト削減、取引先開拓、商品選択の多様化につながり、多くのメリットが感じられるはずです。

マーケットプレイス
について詳しく見る

販売管理とは

販売管理とは企業の金銭と物を管理する業務のことです。商品の製造に必要な資材の仕入れから、製造された商品の在庫管理・受注管理・出荷管理・請求管理などを行います。購買管理は販売管理のひとつであると考えられますが、購買管理では商品の製造にかかわらない間接材の購買も管理することが違いです。

販売管理
について詳しく見る

購買管理に関するセミナーとは

購買管理セミナーの受講メリットは、最新情報へのアクセス、対話型学習、有益な人脈の構築です。一方、コスト対価値の判断難易度と営業活動のターゲットにされるリスクがデメリットとして挙げられます。適切なセミナーを選択し、有効に活用することで、購買管理スキルの向上に貢献します。

購買管理に関するセミナー
について詳しく見る

建設業の販売管理システム

建設業で販売管理システムを導入する際は、建設業に適した製品を選ぶ必要があります。建設業向けでないシステムを導入するとカスタマイズ費用がかさむ可能性があるためです。システムを導入することにより、業務効率の向上、ペーパーレス化、ヒューマンエラーの防止などのメリットが得られます。

建設業の販売管理システム
について詳しく見る

購買管理システムの展示会事情とは

購買管理システムの展示会に参加することで、製品を直接比較したり、デモを通じて機能や使い勝手を確認したり、不明点をその場で解消したりできます。展示会にはさまざまな購買管理システムが出展されているため、製品を直接比較することが可能です。

購買管理システムの展示会事情
について詳しく見る

インボイス制度が購買管理システムに与える影響とは?

インボイス制度により、仕入税額控除を受けるためには、新たな要件を遵守し、関連する帳簿や請求書を保存する必要が生じました。購買管理システムにおいて、インボイス制度はコスト増加や業務フローの変更、新たな情報の証憑管理などの影響を受けます。

インボイス制度が購買管理システムに与える影響
について詳しく見る

購買管理システムを活用したCSR調達とは?

“Corporate Social Responsibility”の略で、企業が活動を行ううえで担うべき社会的責任をあらわす言葉「CSR」。このCSRの概念を加味して調達するのが「CSR」調達です。

今の時代、消費者が製品を選ぶ際、製品の良し悪しはもちろん、企業の取り組みも見られています。CSRのアプローチができていない場合、ブランドイメージを損ねたり、信用を失う可能性があるので、CSR調達は非常に重要です。

購買管理システムを活用したCSR調達
について詳しく見る

購買管理システムを活用したグリーン調達とは?

環境問題に対する感度は年々上がっており、企業だけでなく個人レベルでも環境に配慮する人が増えています。環境に配慮した調達を「グリーン調達」といい、消費者からの信頼やイメージアップのために重要です。グリーン調達を実現するためには、購買管理システムで仕入先やプロセスを管理することが重要です。

購買管理システムを活用したグリーン調達
について詳しく見る

小売業の購買管理システム

小売業では購買管理システムを導入すると、多くのメリットが享受できます。在庫管理や棚卸し業務が容易になるだけでなく、在庫の適正管理をすることでニーズの把握もしやすくなります。しかしシステムを選ぶには、自社の目的に適しており、必要な機能性が搭載された費用対効果の高いものを選ばなければなりません。

小売業の購買管理システム
について詳しく見る

飲食業の購買管理システム

飲食業での購買管理システムのメリットは、業務負担を軽減し、コストを削減でき、さらに人為的ミスを減らせることです。購買システムの中には飲食業に特化したものもあるため、操作性・サポート体制が良く、自社や取引先のシステムと連携できるシステムを選べば効果的に活用できます。

飲食業の購買管理システム
について詳しく見る

医療業界の購買管理システム

医療業界で購買管理システムを導入すると、コストを削減できたり、業務効率化をはかれたりなどのメリットが期待できます。購買システムを選ぶ際には医療業界に特化した製品を選ぶこと、使いやすいこと、既存システムとの連携が行いやすいことなどを基準にして選んでください。

医療業界の購買管理システム
について詳しく見る

流通業の購買管理システム

購買管理システムは流通業において大きな力を発揮します。流通業では受注・発注・販売・金銭管理など、多くの情報を正確に処理しなければなりません。購買管理システムを導入すれば正確で、効率的な業務を行いやすくなります。選び方のポイントを意識しながら、自社に適したシステムを選びましょう。

流通業の購買管理システム
について詳しく見る

ホテル業界の購買管理システム

ホテルの業務はフロントや予約の確認、顧客への対応など多岐にわたります。ワンオペレーションの改善にも役立つ購買管理システムは、自動予約や顧客管理などの業務をサポートします。リアルタイムに状況が把握できる利便性の高いシステムを導入するとよいでしょう。

ホテル業界の購買管理システム
について詳しく見る

広告業界の購買管理システム

広告業界では、成果物の納品や受け渡しをスケジュール通りにこなす必要があります。選ぶ購買管理システムには会計管理だけではなくスケジュールの把握機能が搭載されていると安心です。プロジェクトごとの進捗管理や作業担当者ごとの状況が把握できるシステムを選びましょう。

広告業界の購買管理システム
について詳しく見る

教育業界の購買管理システム

教育業界では、経費の精算など経理部門の負担になりやすい部分を購買管理システムによって自動化することで管理をスムーズにします。手間が軽減できるので、他の業務に集中できるメリットもあります。経理機能やDX機能が豊富で扱いやすいシステムを選びましょう。

教育業界の購買管理システム
について詳しく見る

通販業界の購買管理システム

通販業界では、商品の在庫管理や補充、販売管理の機能が充実した購買管理システムが適しています。必要な機能をカスタマイズできるものは使い勝手が良く、クラウド型のようにスピーディな運用が可能なものも選べます。煩雑な業務の負担を軽減できるシステムがおすすめです。

通販業界の購買管理システム
について詳しく見る

関連記事一覧
導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選