購買管理システムを活用したCSR調達とは?

企業の社会的な責任を意味するCSR。近年では、このCSRをないがしろにしている企業がSNSで炎上し、社会的な信用をなくし、業績や株価に影響するケースもあります。企業が生き残るためには、目先の利益だけを追うのではなく、CSRに対する取り組みが重要です。

この記事では、購買管理システムを活用したCSR調達について紹介します。

CSR調達とは?

CSRとは企業の社会的責任

まずCRSの意味について解説します。CSRとは”Corporate Social Responsibility”の略で、企業が活動を行ううえで担うべき社会的責任をあらわす言葉です。

たとえば従業員に対する雇用側としての責任、消費者に対する自社の製品・サービスにおける責任、そのほか投資家や自然環境に対する責任など、幅広い範囲を指しています。

あらゆる企業に対して、自社の利益だけを追うだけでなく、こうしたさまざまな事柄に対する責任が求められます。

CSRの概念を調達に取り入れるのがCSR調達

CSR調達とは、CRSを調達に当てはめたアプローチです。自社の利益だけを考慮して調達するのではなく、社会的な責任を考慮して調達先を選び、調達の選定条件を設けるアプローチを指します。

たとえば、価格だけを見て調達先を決めるのではなく、その背景にある労働者の人権や、調達物が与える環境への負担などを考慮します。そしてCSRを十分に考慮していないものは選ばないようにします。

消費者のCSRに対する感度は高まっている

昨今では、製品生産における労働者たちが置かれている環境や、地球の自然環境などに配慮する顧客もいます。また、工場からの汚水や、低賃金での過酷な長時間労働を強いる企業などに対して、消費者が批判の声を挙げるケースもあります。

CSRをないがしろにしている会社との取引が公になったら、自社のブランドイメージを損なうかもしれません。特に最近では、SNSの普及により批判の声が広まりやすく、SNSで炎上するケースもあります。こうしたリスクを回避するため、CSR調達は非常に重要です。

CSRの取り組みは容易ではない

ただ、CSR調達は、ときに金銭的な負担が大きくなる可能性があり、容易ではありません。事実、安く生産されている製品のなかには、地球環境や労働者の人権を犠牲にしているからこそ安さを実現できている製品もあります。

しかし、長い目で見た場合、CRS調達を加味したほうが得策と考えることもできます。「労働者の人権や環境に配慮した調達を行っている」という企業は顧客からのイメージがよく、顧客からの信頼に繋がります。

CSR調達のために購買管理システムを活用するメリット

購買管理システムは、原材料、部材、消耗品など会社が活動するうえで必要な調達が見える化をします。調達のプロセスを管理すれば、自社のCSR調達の達成状況を確認できます。

購買管理システムを使用せず、企業の調達に関する情報をすべて把握するのは容易ではなく、CSR調達の状況もあいまいになってしまいかねません。実際の状況がわからなければ、具体的な対応や目標設定も困難でしょう。

企業がCSR調達実現を目指すのであれば、客観的かつ数値化されたデータでの管理が重要で、その際購買管理システムが役立ちます。

まとめ

CSR調達とは、企業の社会的責任であるCSRの概念を調達に取り入れるアプローチです。購買管理システムを導入することで情報を管理し、CSR調達の実現における目標設定や達成状況が見える化をします。CSR調達の達成は、費用面や事務作業で困難なこともありますが、消費者からの信頼を得るためには非常に重要です。

導入費用と実績で比較
「おすすめの購買システム3選」を見る

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選