購買管理とISO

購買管理では、納品された間接材や資材などの品質管理業務も担っています。ここでは、品質管理の定義とISO9001について紹介します。

そもそも品質管理とは

品質管理とは、顧客から要求されるサービスや製品の品質を維持、向上させるための業務や管理のことです。製造や販売部門だけでなく、市場調査や商品開発、設計、購買管理部門でも取り入れられています。

購買管理部門では、製品の製造に必要な材料、オフィス用品などの間接材に関する品質を適切にチェックする必要もあるため、品質管理に関するノウハウを吸収したりやシステムを導入したりするのも大切です。

なお、品質管理はアメリカで発展した考え方で、品質マネジメントやクオリティマネジメントといった呼び方もあります。

ISO9001とは

ISO9001を満たす品質管理とは

ISO(International Organization for Standardization)は国際標準化機構の略称で、製品や品質管理などに関する国際規格が定められています。品詞管理関係の国際規格はISO9000sという項目で定められており、中でもISO9001は企業および組織の提供する製品サービス品質向上を目的とした国際規格です。

ISOに沿った業務改善を行い、なおかつ審査に通過した場合はISOの認証を受けられます。

ISO9001認証の目標は顧客満足の達成です。また、品質管理の効率化および改善は、取引先からの信頼性向上や社内の負担軽減、企業価値向上につながります。そのため、ISO9001の認証取得へ向けた準備が大切です。

同目標を達成するためには、サービス提供に至るまでのプロセスを改善する必要があります。プロセスの改善を行う際は、ISOで提供されているマネジメントシステムに沿って体制を整えていきます。マネジメントシステムの具体的な仕組みづくりは日本規格協会グループで販売されているので、購入検討してみるのも大切です。

2015年の購買プロセス変更「ISO9001:2015」

品質管理に関するISO9001は、2015年に一部改訂されました。ISO9001:2015という規定では、購買プロセスに関する規定が変更されています。

従来の品質管理規定では、購買プロセスおよび購買対象について明確に定められていませんでした。

しかし、ISO9001:2015では、「自社製品へ組み込むために必要な部材を外部提供者(取引先)から調達する場合」、「自社に代わって直接顧客へ製品サービスを提供する場合」、「購買プロセスに関するシステムを外部提供者から提供される場合」などの規定が追加されています。

つまり、取引先から購入している間接材の品質、購買管理システムの機能や品質へ注力するのは、ISOを取得するために重要なポイントです。

購買管理システムで実現できる品質管理とは

購買管理システムは、自社の生産活動や事務処理などに必要な原材料やオフィス用品の調達を効率化させることができます。

また、購買プロセスの標準化やシステムによる評価および見直し、取引先から提供される製品の品質や納期、コストなどの評価も行ってくれます。自社の購買プロセスだけでなく適正な取引先の選定や評価などといった品質管理もカバーしてもらえるのが、購買管理システムの大きな特長です。

さらに購買管理システムを用いることで、スピーディに情報を社内共有できるのも導入メリットの1つです。

品質管理の改善やISO9001取得を目指している企業は、購買管理システムの比較検討もすすめてみてはいかがでしょうか。

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選