購買システムで業務効率化を図る

購買システムを導入すれば、業務効率化が図れます。購買業務では日常的に細々とした業務を多数こなさなければなりません。しかし業務が増えるに連れて複雑化すれば、処理をする担当スタッフの負担が大きくなりミスも増加するのです。

「必要なものを必要なときに適正な量と価格で仕入れる」購買業務の理想ですが、実践するのは簡単ではありません。そこで購買管理をしやすくする機能を多数備えた購買管理システムが、購買業務効率化の助けになるのです。

購買業務で解決が求められる課題とは?

購買業務には、複数の解決したい課題があります。ひとつひとつは小さくても、積み重なれば企業全体に悪影響を与える課題ばかりです。

発注ミスや重複ミスによる過剰在庫

購買業務では、複数の問題が発生します。代表的なのが、誤発注や重複発注です。購買先と発注部門の増加につれて起きやすくなります。部署ごと自由に発注業務を行っていれば過剰在庫につながりかねません。仕入れ価格まで異なればますます複雑化し、管理がむずかしくなるのです。

解決方法として、たとえば本社や担当部署の一括管理が解決法として挙げられます。ただし、どこまで管理するのかという問題が生まれますし、担当者にも大きな負担がのしかかるのです。

生産効率性と利益の低迷

購買業務でミスが増え、仕入れもスムーズに進まないと生産効率性が低下します。原価が高い部類のものだと経費がふくれ、企業財政を圧迫して利益低迷につながるのです。

不正が起きやすい環境の改善

管理体制が整っていないシステムでは、勝手な私物購入という不正が蔓延しやすいと言えます。企業全体で見ると小さな金額かもしれません。ただ、長期的だと金額はふくれ上がりますし、複数人が真似をすればダメージも大きくなります。

社内規則を甘く見る社員が増えれば、不正が常態化しやがてモラルが低下し、多額の横領事件という大問題にも発展しかねません。

購買業務の効率化には
何をすればいいのか?

購買業務を効率化する方法はいくつかありますが、その中に購買システムの導入があります。

購買システムを有効活用する

購買システムは、購買先の一元管理、伝票や振込依頼書の作成といった購買業務の効率化の大きな助けになる機能を多数備えています。購買活動を細部まで可視化し、状況が把握しやすくなればムダをなくせるのです。

購買データの一元管理ができれば、特定担当者だけが管理する状態にならずデータを共有化できます。購買業務の可視化で購買の流れが誰でも把握できるため、ミスや不正予防にもつながるのです。

部門関係なく業務フローを統一化すれば、担当者が休んでも辞めても購買業務も停滞せず、誰が代わりにやっても大丈夫な環境になります。副資材のように多品種で大量に取り扱うものもシステム化できるため、担当者の負担を軽減できるのです。

購買業務効率化のために
おさえたいポイント

購買業務効率化を実現するには、購買システムの導入以外にもいくつかポイントがあります。

購買システムに頼る部分と
人でしかできない業務を分ける

便利とはいえ、購買システムに頼りっぱなしの状態は問題です。仕入先をどこにするのか、価格交渉は人間しかできません。ただ、仕入先が提示した見積もりを比べる際は、情報をまとめられる購買システムを利用したほうがいいでしょう。業務の切り分けが購買業務効率化につながります。

購買業務方針をはっきりさせる

購買業務方針をはっきりさせるのも、購買業務効率化につながります。たとえば、自社製造できるものと外注するものを分別し、「方針」として決定することです。自社製造と外注がその都度変われば現場は混乱します。コストと品質を基準にした仕入先を決定すれば、毎回取引先の選定で悩まなくて済むのです。

購買先と良好な関係を作る

購買先と良好な関係を構築することも、業務効率化では重要です。信頼関係がないと安心して取り引きできないのはごく当然なことで、自社と取引先に信頼関係ができれば情報交換や助言もしやすくなります。購買システムのデータを活用して、サポートや業務改善の支援も可能。取引先選定でムダがなくなりコスト削減が実現できれば、結果的に仕入れ値も抑えられ、自社の利益につながります。取引先も安定した顧客が得られ、お互いにwin-winの関係に。購買管理システムのデータ活用で、業務効率化を図りましょう。

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選