購買管理システムを活用したグリーン調達とは?

近年、地球環境への配慮が、企業や個人に求められるようになりつつあります。そんな中「環境に配慮しているかどうか」という基準で企業や商品を選ぶ消費者も増えてきました。企業は利益だけでなく、環境への配慮という責任が求められています。この記事では、環境に配慮した選択をする「グリーン調達」という言葉について解説します。

グリーン調達とは?

グリーン調達とは環境に配慮した調達

グリーン調達とは「調達する原材料や資材、また仕入先企業が環境に配慮しているかどうか」という点に重きを置くアプローチです。

たとえば、リサイクル品を意識的に選んで調達する、環境に悪影響を与える化学物質は避ける、環境に配慮していない会社からの調達を避けるなどが挙げられます。

昨今、環境に対する配慮が叫ばれることが増えてきました。気温や環境の変化、自然資源の消滅、動物の住環境破壊など、地球環境の変化は深刻といえます。

人口の増加に伴い産業規模が拡大するなかでは、意識して取り組まなければ地球環境の改善は困難といえるでしょう。こうした背景で、グリーン調達という言葉はよく使われるようになりました。

グリーン調達とCSR調達の違い

グリーン調達と混合されがちな「CSR調達」という言葉もあります。これは"Corporate Social Responsibility"の略で、企業の社会的責任を表しています。この「責任」は、従業員、人権、社会、環境など幅広いものに対する責任を表しています。

たとえば、違法ともとれるような過酷な労働下で生産されている資材は買わない、差別的なスタンスの企業からは原材料を調達しない、などが挙げられます。

一方、グリーン調達は環境のみに焦点を当てた調達のアプローチで、環境に負荷がかからない選択をすることを指します。

グリーン調達はブランドイメージ向上につながる

環境に対する懸念や配慮は、企業だけでなく消費者も広まりつつあります。持続可能な開発目標「SDGs」という言葉もよく耳にするようになりました。

環境に対する意識は、熱量の違いこそありますが、もはや普遍的なものになっているといっても過言ではありません。

そんな中、環境をないがしろにするスタンスの企業が、いいブランドイメージを保持できるかといわれたら、答えはNOでしょう。企業は目先の利益だけを追うのではなく、長期的な地球環境への配慮が求められています。

グリーン調達は容易ではない

自然環境によく、さらにブランドイメージ向上にもつながるグリーン調達。ただ、いいことばかりではなく悪いこともあり、そのひとつが導入の困難さです。

実際のところ、同じクオリティなら「環境に十分配慮したが生産コストの影響で高額になった品物」よりも「環境に負担をかけてコストダウンしたおかげで格安で買える品物」を選ぶ人も多いでしょう。このように、グリーン調達を行うと、より多くの費用がかかる可能性があります。

グリーン調達のために購買管理システムを活用するメリット

グリーン調達の実現には、調達業務の管理が重要です。たとえば、サプライヤは環境へ配慮しているか、グリーン調達を行った際の価格はどのくらい上がるかなどの管理が求められます。

そこで役立つのが購買管理システムで、サプライヤ選定や仕入れ価格調整などをはっきり見える化できます。また、調達業務の属人化をなくし、企業全体でグリーン調達の達成状況も把握できます。

まとめ

グリーン調達とは、環境に配慮した資材や原材料を意識して選ぶ調達です。近年では、地球環境への配慮は普遍的なものになり「この製品は地球環境に配慮しているか?」という感度も高まりつつある消費者もいます。

環境問題解決はもちろん、企業のブランディングやイメージ向上においても、グリーン調達は重要なアプローチです。

導入費用と実績で比較
「おすすめの購買システム3選」を見る

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選