SYNERGY Purchase【購買管理システム】

 SYNERGY Purchase公式サイト
引用元:SYNERGY Purchase公式サイト
https://scomms.jp/index.html

SYNERGY Purchaseは購買管理AIシステムで「探す」「考える」「教える」「提案する」という、本来人間が対応していた業務を購買管理AIシステムで実現します。

SYNERGY Purchaseの導入実績

発注業務の負荷が激減した

宝飾品メーカー

宝飾品メーカーがSYNERGY Purchaseを導入した事例です。導入前は、資材発注についてアナログ管理をしていました。属人的業務が発生していたところ、システムの発注管理によって解決しました。SYNERGY Purchaseを導入して、各店舗で直接購買ができるようになったのです。月末の経理処理も簡略化されました。資材発注に関する負担を改善でき、スマートにできるようになりました。

SYNERGY Purchaseの主な機能

  • 注文内容をAIが解析
  • 発注部数最適試算
  • 制作工程管理
  • 発注在庫管理

SYNERGY Purchaseの導入費用・システム利用料

SYNERGY Purchaseの導入費用・システム利用料に関する情報は見つかりませんでした。

導入費用と実績で比較
「おすすめの購買システム3選」を見る

SYNERGY Purchaseの特徴

倉庫情報の検索や発注担当社の現在の業務を自動表示

アラートと対象案件検索機能が備わっています。トップ画面で、探したい物を入力すると単勝案件を簡単に検索可能です。他にも倉庫情報の検索や、連携して発注担当社がしている現在の業務を自動表示します。在庫アラート機能もあって発注担当社をサポートします。

倉庫情報を加味した数量を検討してくれる

個々の発注数量をいつも検討するのは大変です。SYNERGY Purchaseは倉庫情報を加味した数量を検討してくれます。コストテーブルを通じた渋滞のプリントコンサル視点にプラスし、倉庫情報の数量視点により適正化をサポート。ムダな発注を防止でき、判断材料も一元表示できます。

個別タスク支援

個別タスク支援機能も備わっています。担当者の要望に応じた各タクスが表示され、業務の絞り込みを簡単にできるのがポイントです。システム側からアラート内容に対応すれば業務が完結します。案件情報も具体的な表示で、次にどんな業務をすればいいのかが把握しやすくなります。

周辺費用を加味した発注自体の最適化が可能

個別印刷費用や、倉庫の管理費を含めた周辺費用や販促効果も考えた効率化指標も加味して発注をサポートしてくれます。工程における差異を加味して最安値での購買を試算可能です。個別条件も選択できるため、予算全体から見た適正化の検討もサポートしてくれます。

SYNERGY Purchaseの運営会社情報

社名 シナジーコミュニケーションズ株式会社
設立年 2008年
資本金 6,000万円

SYNERGY Purchaseのまとめ

SYNERGY Purchaseは購買業務のAI化、適切発注の実現、ガバナンスの強化ができる購買管理システムです。注文内容を検討する際も、AIが解析してサポートしてくれます。在庫数量や仕様や印刷方法まで加味した発注部数を最適試算できるのもポイントです。データも自動生成でき、発注工程も見える化できます。在庫不足があればアラートができますし、必要数量もアンケートで集計できるのです。購買部や資材部、制作部まで購買管理に関する業務の効率化が図れます。

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選