newji【購買システム】

 newji 公式HPキャプチャ
引用元:newji公式サイト
https://www.newji.inc/

「3秒以内に購買できる」がモットーの調達購買管理クラウドnewji について、特徴をまとめました。

newjiの導入実績

記載されていませんでした。

newjiの主な機能

  • セキュリティ
  • 検索
  • デザイン
  • 調達購買経験
  • コストダウン自動化機能

newjiの導入費用・
システム利用料

導入費用 無料
システム利用料 20,000円

導入費用と実績で比較
「おすすめの購買システム3選」を見る

newjiの特徴

チームをまとめる
データ管理

newji は購買を成長させることのできるクラウドを提供しています。ユーザーにとって使い勝手の良いデザインを追求し、シンプルでありながら、ハイスペックな機能を備えているのが特徴的です。ユーザーが探している情報をできるだけ早く見つけられるよう、検索機能にも注力しています。

newji は検索するだけで3秒以内に購買情報にたどり着ける仕組みになっていますが、そのようなシステムを実現できたのは、システム設計者が濃密な調達購買経験を持っていたから。多方面から製造業の課題を把握した上で、役立つ経験を開発に反映しています。また、セキュリティの基準が高いのも魅力の一つ。データアクセス制限で安全性を高め、プライバシー管理に徹しています。

購買・調達部門に秘められた可能性に注目

購買・調達部門に秘められた可能性に注目しているnewji。newjiは「ものづくり」が進化していくことを見越して、利益を確保し続ける方法を模索しています。試行錯誤する中で、newji が辿り着いたのは企業内における調達・購買の役割の大きさ。生産調達戦略を見直せば、原価を抑えることに繋がり、生産場所の利益確保まで視野を拡大できるのではないかと考えました。

以来、企業のコストダウンをサポートするために、暗黙知を形式知化しようと奮闘しています。従業員全員を同じように教育・訓練することで、熟練者と同様のレベルまで経験値を高めるのが調達購買業務の目標。IoTやAI などのデジタル機器を活用する方法を検討するなど、日々進化を遂げています。

newjiの運営会社情報

社名 NEWJI株式会社 | NEWJI INC.
設立年 2020年4月1日
資本金 8,000,000円
導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選