メインビジュアル

購買管理システムの最適解は
解決したい課題で選ぶ

間接材(生産に直接関与しない文具や製造消耗品などの物品材)の購買業務を「見える化」し、管理する購買管理システム。このサイトではわかりにくいシステムをカテゴライズしつつ、あなたの会社の課題に合う購買管理システムを紹介します。

そもそも購買管理システムとは?
通販サイトとの違いは?

購買管理システムとは、物品購買はもちろん、部署ごとに行っていた購買業務を一括管理したり、複数のサプライヤの間接材を比較検討できたり、購買業務全体を可視化できたり、あらゆる課題にアプローチできるシステムを指します。
よく知られている『ASKUL』『たのめーる』『モノタロウ』などは物品購買や見積取得の機能に特化しており、
通販サイト型に分類されます。
この通販サイト型に購買管理機能やサプライヤ比較を限定的に加えたシステム・サービスは、 いわば通販サイト+α型と言えます。
これに該当するのが『たのめーるプラス』『ソロエルアリーナ』『モノタロウONE SOURCE』などです。
では、この3つのタイプのうちどれを選ぶべきなのか、次では解決できるお悩みや課題ごとにおすすめのタイプを紹介します。

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト連携(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用 導入実績・企業例 パンチアウト連携が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、カシオ、神戸市、資生堂、大京、大成建設、野村ホールディングス、わらべや日洋など
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~※ 2,000社以上
三菱重工、salesforce、Sanofiなど

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工、
マイクロソフトなど

(要問合わせ)
※公式ホームページに記載がなかったため、編集チームが独自に調査した参考値を記載しております。

お悩み・課題ごとにマッチング
あなたが選ぶべきは購買管理システム?通販サイト?

「購買業務全体を可視化・効率化したい」「間接材の取り扱いを増やしたい」「コスト削減したい」
そのような企業には…
購買管理システムがおすすめ

「購入する間接材は毎回同じ」「使用するサプライヤも大体決まっている」「購買業務を一元管理したい」
そのような企業には…
通販サイト+α型がおすすめ

上記に当てはらない場合は、まず物品購買や見積取得に特化した
通販サイト型から試してみると良いでしょう。

解決できる主な課題

通販サイト型
(対応可)
(部分的)×
(不可)×
(不可)×
(不可)
物品購買 見積取得 購買管理
機能
サプライヤ
比較
パンチアウト
連携
購買管理システム
(対応可)

(対応可)

(充実)

(対応可)

(対応可)
通販サイト
+α型

(対応可)

(部分的)

(部分的)

(限定的)
×
(不可)
購買管理システム
物品購買
(対応可)
見積取得
(対応可)
購買管理機能
(充実)
サプライヤ比較
(対応可)
パンチアウト連携
(対応可)
通販サイト+α型
物品購買
(対応可)
見積取得
(部分的)
購買管理機能
(部分的)
サプライヤ比較
(限定的)
パンチアウト連携 ×
(不可)
通販サイト型
物品購買
(対応可)
見積取得
(部分的)
購買管理機能 ×
(不可)
サプライヤ比較 ×
(不可)
パンチアウト連携 ×
(不可)

購買管理システム

解決できる主な課題
物品購買
見積取得
集中購買
サプライヤ比較
横断検索

発注する側、つまり購買担当者の目線で間接材を購入しやすくしてくれるシステムです。外部カタログサイトにそのままアクセスできるパンチアウト連携に加え、豊富な購買管理機能を備え、課題を総合的に解決できます。なかには複数のサプライヤを検索できる横断検索の機能を備えたシステムもあります。

■基本的な料金形態
導入費用:150万~2000万円程度
システム利用料:月10万~300万程度

■主な購買管理システム
・APMRO・NECプレオマート・Oracle Procurement
・EPCUS・coupa・SAP Ariba・SAP Ariba Snap
・ジーニー2.0・SOLOEL・TWX‐21
・富士通コワーコ・楽々Procurement

通販サイト+α型

解決できる主な課題
物品購買
見積取得
集中購買
サプライヤ比較

購買管理システムに比べれば部分的・限定的にはなりますが、通販サイト型の物品購買・見積取得に加え、購買管理やサプライヤ比較の機能を備えているのが通販サイト+α型。利用するサプライヤが限定的(多数のサプライヤから購買する機会が少ない)で、購買業務の一元管理や社内コンプライアンスを強化したいならこのシステムがおすすめです。

■基本的な料金形態
導入費用:無料~500万円程度
システム利用料:無料~月60万程度

主なサービス
・WebEDI・eBuyerBrains・Offside・J-PROCURE・ソロエルアリーナ・たのめーるプラス・ビズネット・プロキュアスイート・ProPlus・べんりねっと・モノタロウONE SOURCE

通販サイト型

解決できる主な課題
物品購買
見積取得

ASKULやカウネットなど物品購買や見積取得の機能に特化しているものは通販サイト型に該当します。受注する側(例えばASKUL)が発注者(購買担当者)に提供しているシステムで、機能としては豊富ではありませんが、基本的に無料で利用できるので、導入しやすい点が大きなメリットです。

■基本的な料金形態
導入費用:基本的に無料
システム利用料:基本的に無料(※送料が発生する場合あり)

■主なサービス
・AXEL・ASKUL・Amazon business・カウネット・たのめーる・MISUMI・モノタロウ

機能や料金形態、解決できる課題の広さを見ていくと、やはり購買管理システムが使いやすい印象があるのではないでしょうか?
実際、企業の間接材購買で一番多い悩みが「コスト削減」(59.4%)であることを考えると(※)、
多くの会社の課題解決に貢献してくれると言えそうです

ここからは購買管理システムをどんな観点で選ぶべきなのかを解説していきます
※参照元:2021年DX等に関するアンケート結果ご報告書(モノタロウ)
https://www.atpress.ne.jp/news/254789

おすすめの購買管理システムを
もっと詳しく見る

上記で取り上げた3つの購買管理システムは費用・導入実績以外にも接続可能なサプライヤや搭載している機能がそれぞれ異なります。公式HPなどの掲載される情報をもとに各システムの特徴をまとめてみました。

SOLOEL

SOLOEL
引用元:SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/
導入費用:
Light200万円~/Enterprise1,000万円~
接続可能な
サプライヤ:
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
主な機能:
横断検索
集中購買
物品購買
契約購買
請求書精算
パンチアウト連携
カタログ検索
見積取得
分析
予算管理
外国語対応(英語のみ)
導入企業:
600社以上
大阪ガス、カシオ、神戸市、資生堂、大京、大成建設、野村ホールディングス、わらべや日洋など

SOLOELを導入した企業の声

大京

事務消耗品を購入する際、メールやFAXでの発注や支払に関する作業が多く、納品時の検収方法も統一されていなかったことが課題で、大手企業への導入実績が多数あるSOLOEL購買管理システムを導入。業務の効率化が実現しました。

参照元:ソロエル公式サイト
https://www.soloel.com/casestudy/daikyo.html
野村ホールディングス

複数のECサイトからバラバラに購入していたため、ボリュームディスカントの恩恵を一切享受出来ていないことが課題でした。SOLOEL購買管理システムを導入したところ、購買の集約に成功。購買情報が把握できるようになりました。

参照元:ソロエル公式サイト
https://www.soloel.com/casestudy/nomura.html
大阪ガス

組織編成に伴い、購買管理システムの刷新を検討。既存フローを踏襲しながらも電子化で業務効率化を実現できる点、利用しているシステムをまとめることができる点などが導入の決め手になりました。作業負担が減り、業務がスピードアップしたという声を社内外から頂いています。

参照元:ソロエル公式サイト
https://www.soloel.com/casestudy/osakagas.html

SOLOELの公式HPで導入事例をもっと見る

電話で問い合わせる

SOLOELの特徴

予算・機能にあわせて選べる
2プラン
ソロエル画面01
引用元:ソロエル公式HP
https://www.soloel.com/service/system.html

SOLOEL購買管理システムには、2プラン用意されています。ひとつはシンプルな機能の「Light」。カタログ購買・外部カタログ接続といった基本的な機能を備えたプランで、初期費用を抑えられるのがメリットです(会計連携はオプション)。ふたつめのプランは「Enterprise」。見積購買機能、サービス材購買機能も搭載し、会計システムとの連携も可能なプランです。Lightよりもコストはかかりますが、購買プロセスの統合・内部統制の強化を同時に実現。購買の課題が可視化され、価格交渉にも使えるので、長い目で見たときに購買コストの削減を戦略的におこなえます。

購買担当者のメンテナンス負担
も軽減
ソロエル画面02
引用元:ソロエル公式HP
https://www.soloel.com/service/system_light.html

外部カタログとの接続ができるパンチアウト連携機能が搭載されています。リアルタイム横断検索ができ、複数のカタログサイトを見て、最安値の商品を購入することも可能。直接サプライヤのカタログサイトに接続するので、購買担当者がカタログをメンテナンスする必要はありません。購買業務が簡易化され、業務コストの削減にもつながります。また、Enterpriseプランなら、見積りでの価格比較も可能です。

新たにシステムを導入するとき、導入部署が増えるときなど、必要なタイミングでの説明会やマニュアル作成を手厚くサポートしてもらえます。

SOLOELの運営会社情報

社名 ソロエル株式会社
設立年 2002年
資本金 公式サイトに記載がありませんでした

SOLOELの公式HPでプランの詳細をもっと見る

電話で問い合わせる

coupa

coupa
引用元:coupa公式HP
https://www.coupa.com/ja
導入費用:1,000万円~
接続可能な
サプライヤ:
※公式HPに記載なし
主な機能:
横断検索
集中購買
物品購買
契約購買
請求書精算
パンチアウト連携
カタログ検索
見積取得
分析
予算管理
外国語対応
導入企業:
2000社以上
P&G、ZURICH、salesforce、三菱重工、BMW、Uber、talenorgroup、KONICA MINOLTAなど

coupaを導入した
企業の声

三菱重工グループ

発注から支払まで、すべてのプロセスについて電子化に成功。パートナー企業も利用できて、ポータル上で支払完了までの取引状況を随時確認できるので問い合わせも減ります。取引先にも利用してもらいやすいです。

参照元:三菱重工公式サイト
https://www.mhi.com/jp/company/procurement/coupa
salesforce

従業員が4万人にまで増加した当社にとっては、クーパの直感的に入力できるシステムがとても助かりました。
おかげで膨大な数のトレーニングや研修をせずに済みました。

参照元:coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja
Sanofi

クラウドへの移行によって、より提供価値を高めることができました。管理の手間とコストダウンを同時に実現し、カスタマイズも最小限で済みました。

参照元:coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

coupaの公式HPで導入事例をもっと見る

電話で問い合わせる

coupaの特徴

直感で操作できる
分かりやすさが魅力
coupa
引用元:coupa公式HP
https://www.coupa.com/ja

従業員数20人と小規模からスタートして、4万人を抱える大規模事業に発展した、アメリカ・カリフォルニア州に本社を構える会社が運営する購買管理システムです。自社が大きく成長した経験から、購買管理システムには、膨大なトレーニングをしなくて良いシステムが必要だと感じ、直感的に操作できるcoupaを開発。シンプルで操作しやすいシステムだから、現場でも活用でき、ルール違反購入などなく、購買状況の把握につながります。

見積から発注、検収、支払いまで、オールインワンで支出管理ができるプラットフォームです。すべてのプロセスが電子化されるので、ペーパーレスも実現。自社だけではなく、取引先でも支払完了までの取引状況を随時ポータル上で確認できます。

口コミサイトのような
評価システムを搭載
coupa
coupa公式HP
https://www.coupa.com/ja

システム開発企業が選定したサプライヤや調査機関が提示するデータには、誰かのバイアスがかかっている可能性があるという考えに基づき、coupaでは「コミュニティ・インテリジェンス」の考えをシステムに導入しています。開発者が選定するのではなく、実際に利用した企業がサプライヤを口コミサイトのように評価するシステムです。取引前に他社の評価を確認できるので、はじめてのサプライヤでも安心して取引を開始できます。新しいサプライヤ開拓も積極的に行えるでしょう。

coupa導入先全体の中から上位企業での実績値と自社実績値との比較もできます。基準がよく分らない調査会社の報告とは異なり、生きた実績基準との比較なので、評価を迷うことがありません。自社の購買活動の弱点が分かり、購買コストの削減にもつながります。

coupaの運営会社情報

社名 クーパ・ソフトウエア 合同会社
設立年 2017年
資本金 公式サイトに記載がありませんでした

coupaの公式HPでプランの詳細をもっと見る

電話で問い合わせる

SAP Ariba

 SAP Ariba
引用元:SAP Ariba公式HP
https://www.ariba.com/ja-jp
導入費用:3,000万円程度
接続可能な
サプライヤ:
※公式HPに詳細の記載なし
主な機能:
横断検索
集中購買
物品購買
契約購買
請求書精算
パンチアウト連携
カタログ検索
見積取得
分析
予算管理
外国語対応
導入企業:
横浜ゴム、日東電工など

SAP Aribaを
導入した企業の声

横浜ゴム

調達・購買業務の改革に取り組む最中、オンプレミスのSAP Aribaからクラウドに移行。このクラウド化によって約10億円のコスト削減、調達業務効率化を実現し、生産性の向上も目指しています。

マイクロソフト

製品開発プロセスとサプライチェーンプロセスに調達を統合することによって、大幅なコスト削減を実現。業務効率も大幅にアップしました。

日東電工

調達業務のグローバル化、標準化を目指してSAP Aribaを採用。導入以来、調達通過率が30%から60%に向上し、可視化の効果が想定以上に現れビジネスに付加価値をもたらしました。

SAP Aribaの公式HPで商品の詳細をもっと見る

SAP Aribaの特徴

ユーザーに優しいインターフェース
SAP Ariba
引用元:SAP Ariba公式HP
https://www.ariba.com/ja-jp/solutions/solutions-overview/supplier-management/supplier-risk

それぞれの企業にとってベストな機能性を組み込んだ購買管理システムを構築してくれるので、使い勝手が良く、存分に活用できます。 SAP Aribaと提携するサプライヤーの商材をカタログ化。多数のサプライヤーを網羅し、比較しやすいシステムと言えるでしょう。 カタログからの購入でも、都度見積りを取って購入するときでも、過去の契約を参照して購入するときでも、検収や支払いまで対応。 個別の支払いなど、多様な取引に対応できる応用力も魅力です

ユーザーに優しいインターフェースも現場の担当者に喜ばれるポイント。分かりやすい入力画面で、操作性に優れています。一般ユーザー向けにGUIDED BUYINGも提供。操作方法で悩むことがありません。 ビジネスソフトウェア業界のリーダーであるSAP社が世界中から集めた業務ノウハウが詰まったシステム「SAPコアシステム」を元に開発されたシステムです。購買プロセスの可視化・分析もできます。

現場が混乱しないためのサポートも充実
SAP Ariba
引用元:SAP Ariba公式HP
https://www.ariba.com/ja-jp/support/buyer-support

システム導入に当たってのサポートが充実しています。導入するとどのようなメリットがあるのかはもちろん、システムをどのように活用すると効率的な業務スタイルになるかまで、それぞれの企業に合うコンサルティングをしてくれるので、具体的なイメージをもってシステム導入に踏み切れるでしょう。

導入前には、テスト環境を構築して仮実施してみながら、システムに慣れていけます。講習で使い方をしっかりトレーニングしてくれるので、現場の混乱もありません。本格稼働後も、定期的に機能強化をおこない、保守も万全です。 ベーシックな機能を利用すれば、最短で6ヶ月での購買管理システム構築が可能。調達業務のルール化、不正取引の予防、購買支出状況の見える化といった効果が期待できます。また、クラウド型のシステムなので、サーバーの管理業務や固定費が削減できるのもメリットです。

SAP Aribaの
運営会社情報

社名 SAP Ariba
設立年 1996年
資本金 公式サイトに記載がありませんでした

SAP Aribaの公式HPでプランの詳細をもっと見る

購買管理システムを
カテゴリ別
仕分け

ここでは「購買管理システム」とGoogle検索し、上位表示される44のシステム・サービスを解決できる主な課題別にカテゴリに分けてご紹介します。

購買管理システム

物品購買
見積取得
集中購買
サプライヤ比較
横断検索

グループ企業のデータを統合する大規模なデータ解析ができる購買管理システム。電子カタログの横断検索機能や自動相見積機能が搭載されているので、最安値での購買もできます。ワンストップでの購買業務が実現するシステムです。

NECの子会社「株式会社プレオマート」が運営する購買管理システムPLEOMART/PS。工場や店舗、オフィスなど幅広い業種で活用できます。基幹システムの中に組み込めるので既存システムとの連携が可能。NECのサポートでシステム構築できます。

基幹システムとの連携が可能な購買管理システム。他国の法制度にも対応し、グローバル展開にも使えます。価格・納期交渉時の標準テンプレートを搭載。他にも機能の取捨選択をして自社の使い方に合わせられるシステムです。

FAX・複合機など他のシステムとの連携ができます。ExcelやPDFの帳票を出力することもできるので、完全ペーパーレスでは不都合な企業でも使いやすいです。選べる機能が多数あり、自社に必要な機能でシステムを構築できます。

操作画面の分かりやすさが嬉しい直感で使える購買管理システムです。最大の特徴は、「コミュニティ・インテリジェンス」の考えをシステムに導入しているところ。利用者がサプライヤを評価する口コミサイトのような機能が備わっています。

SAP社が開発元の購買管理システムSAP Ariba。このシステムを基に独自開発の機能を組み込んだ購買管理システムを多数の会社が作っています。SCSK株式会社のSAP Aribaは、導入指導や講習など、システム利用に対するサポートの手厚さが特徴です。

SAP Aribaを成長企業向けにパッケージ化した購買管理システムがSAP Ariba Snapです。ベーシックな機能でスタート時のコストを抑えられます。成長に伴い機能の追加が可能。安心して事業の拡大を目指せます。企業と一緒に成長するシステムです。

大手製造業企業の間接材を専門にした購買管理システムです。過去の取引状況を項目ごとに抽出できる「ダウンロードセンター」や商品を探すときに便利な「品名・カテゴリ変換辞書」を搭載しています。外部カタログへのパンチアウト連携も可能です。

2つのプランがある購買管理システム。予算にあわせて選べるのが嬉しいです。パンチアウト連携も対応。外部カタログに接続し、リアルタイム横断検索ができます。複数のカタログから、最適価格の商品を購入可能。購買コスト削減が実現します。

日立グループで実際に採用されている購買管理システムで、導入実績も豊富で大手企業のノウハウも凝縮。横断検索機能を備え、既存の基幹システムとも連携可能です。

データ分析から見積もりまで専任のコンサルタントからのサポートをしてもらえるシステムです。費用対効果が高い上位20%品種を見極めて、支出削減を目指すためのアドバイスをしてもらえます。従来の取引先の引き継ぎが可能です。

完成された購買管理システムをベースに、自社に必要な機能を取捨選択できるシステムです。あらかじめ型が決まっていて、カスタマイズメニューも構築されているので、導入コストが削減できます。派遣など役務サービスにも対応可能です。

Webシステムを利用することで発注者も取引先もWi-Fiとパソコンさえあればいつでもどこでも確認可能。確認事すべてが見える化されているのでメールやFAXをする時間も節約できます。また、書類整理も必要最低限。マンパワーの削減に大きく貢献します。

見積もりフォーマットの一本化により比較しやすい環境をつくり、正しく見積もりを見極め、結果として業務が削減されます。見積もり業務のシステム化と同時に会社全体の情報をクラウドで一本化、見積もり発進で会社全体の見直しを行う機会となります。

SAP連携機能によって見積もり査定からの自動発注や自動化された入力業務などが調達までの時間を短縮します。多くのスタッフに共同できるため、今まで見積もりや発注に使用していた郵便費やマンパワーの削減とその理解に大きく貢献します。

Hi-PerBT 購買管理は、リアルタイムで注文状況を把握するほか、発注を見える化し購買業務を効率よく行うために開発されたシステムです。利用ユーザーの制限を設けないことで、低コストでの利用を実現しています。EDIと連携させて見積もりや検収などをさらに強化することも可能です。

コンシェルジュ的な立場から多くのサプライヤーとのやりとりに対応するアイミツCLOUD。BtoBに特化しているのが特徴的なサービスです。受注企業との成約効率を上げるのに役立つ機能が幅広く搭載されており、部門を問わず活用できる柔軟性の高さが魅力です。

本社だけでなく、各地方の拠点まで、会計業務を一括で管理できる購買管理システムです。購買部から現場まで、品目問わずWebで一本化。大企業ならではの購入見積もりから検収まで、複雑なフローも網羅しています。ハンコやFAXなども必要とせず、ペーパーレス化実現にもおすすめ。ジャンル問わず管理しやすく、IT会社やアパレル、学校法人やテーマパークなど、業界問わずスマートに使用できる購買管理システムです。

購買フローにかかる負担を軽くして、研究をサポートするクラウドシステムです。試薬の在庫も、法律が定めた方法による管理も可能に。簡単操作も強みで、強固なセキュリテイで情報が漏れるのを防ぎます。サポートもチャットやメールや電話で行えて充実しているのも強みです。

間接経費分野の購買のコスト削減や業務負担の軽減をサポート。少額領域において、複数のカタログ購買を一元化します。汎用カタログと専用カタログの作成と管理ができるため、購買統制ができ、購買の取引データに基づいた分析改善を通して値引き交渉ができます。現場に合わせた使い勝手のよさも魅力です。

材料や資材の購買プロセスが効率化できるだけでなく、低コストでクラウド型システムを構築できるのが特徴。柔軟性があるため、利用規模や目的に合わせて調整できるシステムです。管理スタッフがいない企業でも簡単に導入できるほどの利便性が魅力です。

担当者に依存していた発注ノウハウを可視化しながら部門内で共有できるシステムです。事務手続きのリードタイムを短縮できるので、業務全体が効率化されます。過去の見積もりデータベースの活用で、材料費や外注費を比較しコストダウンを見込めます。

GEN

ユーザー単位で課金される購買システムなので、無駄な料金を省きながら導入できるシステムです。親しみやすいUIで誰でも使いやすく、導入してから運用までがスムーズです。拡張性が高く、プログラミングしなくても自由に編集できるのもメリット。管理体系の変化にも対応できます。

株式会社シナプスイノベーションが運営しているクラウドタイプの販売管理システム「UM販売管理」は、販売に関する業務をWeb上で一括管理できるのが特徴です。ユーザー数に応じて課金されるため、導入の費用が抑えられ、機能を拡張しやすい点が魅力のシステムです。

イーカウントERPは多数の機能を活用できる購買管理システムです。例えば残数を自動計算・発注書作成までしてくれるシステムは、作業効率が大幅にアップできる機能です。データを他の部署を連携させ、データを元に次回の発注の分析ができるなど、コスト削減のための機能が豊富です。

クラウドとコンサルティングの2つの領域からコスト削減を支援する購買システムです。システムでは部署ごとに詳細な条件設定が可能なため調達ルールの統制も実現。また定期的に年間総費用の削減、効率化アップをコンサルティングサポートします。

ジームクラウドPCは、株式会社クレオが提供しているクラウド型購買管理システムです。生産に関連している資材をはじめ、オフィス用品などのあらゆる間接材購入および品質管理を効率化。システム内には、購買依頼書の作成機能から相見積もりサポート、発注管理、取引価格や納期などのデータ管理および評価、検収支払管理など、あらゆる機能が搭載されています。

ACT-MBBはテンプレート型統合ソリューションを提供してくれます。パッケージの導入ではなく、テンプレートという点がポイント。経営や業務やシステムなどの課題を分析し、改善策を導き出せるのです。既存システムを活かした導入や不足している部分だけのシステム化も可能です。将来的な拡張にも対応できるといった柔軟な対応もできます。良好な操作性、段階導入も可能で自社に適したシステム構築も可能です。

サプライチェーンをデジタル化する業務システムを構築できるだけではなく、運用や分析もオールインワンで行えるアプリプラットフォームです。部門やチーム、営業やサプライヤーや生産工場までつながる複雑な業務システムでも、ノーコードでスピーディに構築できます。業務効率化以外にも、業務の中で遅くなっている、手間取っている部分の発見も期待できるのです。

Simpflex (シンフレックス)は、特に食品製造や金属加工、組み立てなどに最適なシステムです。作業の進捗管理や生産計画ができるだけでなく、発注や受注業務もサポート。在庫管理システムも統合されている製販一体型なのが特徴です。

見積もり依頼前にアイテム情報が出回ることの内容に、秘密保持所の締結を行う機能が搭載されています。1クリックで簡単に締結できるだけでなく、見積書は複数社に一括で出すことが可能です。相対比較に重きを置いたQCD調達購買管理クラウドとなっています。

システムの寿命の長期化を重視しているのが特徴的。ハードの陳腐化やOSのバーション変更などの更新時期のタイミングをずらし、基幹システムが影響を受けないよう配慮しています。基幹システムを運用する中で、その都度変更や修正を施し、業務改善を図ります。

システムの提案から開発・導入・サポート・ネットワーク構築・ハードウェア導入に至るまで一貫体制が整っている会社です。専任の担当者がサポートしてくれるので、何かあっても安心でしょう。豊富な機能が搭載しており、使い勝手のいいシステムを提供。

導入・カスタマイズ・利用料は原則無料です。研究用機器などを数多く取り扱っており、欲しいと思える商品を簡単に探すことができるシステムを構築しています。ユーザーの条件に合わせた細やかな設定にも対応可能です。

飲食材の取り扱いを前提にしたシステムです。在庫管理や棚卸業務なども簡単に行え、担当者間の発注手続きをワークフロー化。業務の効率アップや作業時間短縮につながるでしょう。経理や債務などのシステムも提供しています。

SYNERGY PurchaseはAIによる購買管理が大きな特徴です。システム最適化により、適切に発注を進めることを期待できます。探す、考える、教える、提案する流れをAIで実現でき、注文内容もAIが解析。発注部数の最適試算、制作工程管理、発注在庫管理などをサポートしてくれます。

 

通販サイト+α型

物品購買
見積取得
集中購買
サプライヤ比較

基幹システムに組み込めるので、会計や人事システムと連携できます。見積り、発注、検収が一連のフローでおこなえ、ペーパーレス化が実現。最大5社まで可能なので見積りや競争入札機能で購買コストの適正化も促せるシステムです。

eBuyerBrainsを提供している日本ユニシス株式会社には、購買プロフェッショナル認定CPPの資格取得者が多数在籍。システムのコンサルティングに強みがあります。価格の妥当性を査定するコスト査定機能で見積り精度向上が可能です。

単体事業所で最短3ヶ月、複数事業所で最短6ヶ月でのスピード導入が可能な購買管理システムです。毎月の取引額に対する利用料率課金制を採用。他のシステムとの連携をしない場合は導入費が無料なので導入しやすいシステムです。

機能単位のモジュール構成を採用しているので、事業の変化に応じて機能をカスタマイズしていける購買管理システムです。小さくスタートできるので導入コストにメリットがあります。プロセス系製造業に特有な業務にも対応可能です。

アスクルのASP。無料で利用できるのが大きなメリットです。アスクルのECサイトと同じ画面で操作できますが、ECサイトだけの利用とは違い、各部署の発注データを統合したり、フローの設定をしたり、業務が統合できます。

複合機など他のITシステムと連携できる大塚商会の購買管理システム。企業として購買ポリシーに則り、取引先などの各種マスタ登録ができます。外部カタログとの接続や承認ルートの設定など、柔軟な機能が備わった便利なシステムです。

価格比較機能が標準装備されているので、最安値・最適価格での購買がスムーズにおこなえます。承認ルートを3段階まで設定できるなど、企業の運用にあわせて柔軟にマッチ。購買実績の明細データが様々な切り口でダウンロードできます。

見積りから検収まで一連の購買業務プロセスを構築できるシステム。製造業の間接材の購買を一元化できます。購入頻度が高い品目をカタログ化可能。発注可能な品目の絞り込みもできるので不要な購入を防止できます。

現場から購入部門への購入依頼登録ができ、そのデータを基に発注データを作成するため、部門をまたがる二重入力ミスが回避できます。入力項目が少ないので、登録は簡単。会計システムや固定資産システムとの連携も可能です。

自社の使いやすさに合わせてカタログを設定できるシステムです。サプライヤを自由に選定でき、WEBカタログをカスタマイズ。ワークフローの設定にも柔軟性があります。導入後、適正に活用できているかのチェックサポートに対応可能です。

モノタロウのASPです。プライベートブランドをはじめ、品ぞろえの豊富さと納期スピードが魅力。小ロットでの購入も可能です。モノタロウのECサイト単体での利用と比較して、他のシステムとの連携ができる点もメリットと言えます。

通販サイト型

物品購買
見積取得

研究用の科学機器や病院・介護用品を中心に、工場用品やオフィス用品も揃うECサイト型のシステムです。医療・介護それぞれの業種に合わせたオリジナルブランド展開。検索機能が便利で欲しい商品をサクサク探せます。

注文したら明日来るアスクル。配達までのスピードが魅力的なECサイトです。文房具などオフィス用品が多数揃っています。医療品や工具など、オフィス以外での活用も可能。ネット通販感覚で購入でき、導入コストがかかりません。

Amazonを法人で使えるのがAmazon businessです。操作画面は、個人アカウントで使用するAmazonと同じなので、購買担当者がスムーズに購買業務をおこなえます。法人アカウント向けの専売商品など商品の豊富さと法人向け価格がメリットです。

コクヨグループのオフィス用品通販ECサイトです。付加価値型と低価格帯のオリジナル2ブランドを展開。商品検索機能も便利で、登録すればすぐに使えます。導入コストや購買フローのトレーニングが必要ありません。

大塚商会運営の通販サイトです。コピー用紙や文具などオフィス用品の他に、家電や介護用品まで様々なラインナップが魅力。150万点以上が揃っています。200円以上の購入で送料が無料になるのも大きなメリットです。

オンライン機械部品専門の購買管理システムです。設計データから製造し納品する仕組み。3DCADデータをアップロードすると、価格と納期をAIが判定します。国内だけではなく、海外拠点で利用する購買管理システムとの連携も可能です。

工場向け間接資材の通販サイトです。紙のカタログも充実しています。プライベートブランドも多数展開していて、出荷日から365日以内の返品を受け付け可能。発注ミスや余りが発生しても無駄なコストがかかりません。

購買管理システム・間接材購買について
徹底解説

そもそも間接材、直接材とは?

企業が購入する物品は、直接材と間接材があります。直接材は、製品の部品になる材料など、直接売り上げに関わる物品のこと。一方、間接材は、間接的に売り上げに関わる物品のことで業務に使用する工具や文房具などのことです。

間接材のコストを削減するには?

製品に直接使われる直接材は厳重に管理されている会社が多いですが、間接材は管理しづらく、緩くなりがちです。しかし、間接材をデータで可視化すれば、価格交渉もできるようになり、大きなコスト削減につながります。

SaaS型の購買管理システムについて

SaaSとは「Software as a Service」の略語。インストールするのではなく、ユーザー側はクラウドなどのネットワーク経由で対象のソフトウェアを使用できます。購買管理システムでいえばSOLOELやcoupaなどが該当し、SaaS型が主流になりつつあります。

購買管理システムはクラウド版、オンプレミス版どちらを選ぶべき?

購買管理システムを導入する際に迷いがちなのが「クラウド版とオンプレミス版のどちらにするか」。クラウド版はネットワーク経由でソフトウェアをすぐに利用でき、一方のオンプレミス版はサーバーなどのインフラ調達が必要になりますが、カスタマイズできる範囲が広かったりとそれぞれに長所・短所があります。事前にしっかりチェックしてきおきましょう。

購買管理システムを導入するメリットは?

購買管理システムは導入にあたって費用がかかるものがほとんどです。費用をかけてでも導入するメリットは、「コスト削減」「業務の簡易化」「内部統制の強化」など。長い目で見て利益につながる大きなメリットがあります。

購買管理システムのフローを解説

SOLOELやcoupaといった購買管理システムだけでなく、購買業務のサービスには「通販サイト型」とそれに購買管理機能を備えた「通販サイト+α型」があります。それぞれのシステム・サービスでどれだけ業務が効率化が図れるのか、どんなフローになるのか事前に把握しておきましょう。

パンチアウト連携とは?

いつも利用している外部のカタログサイトにシステム経由でそのまま利用できるのがパンチアウト連携。バラバラに発注していた商品をシステム側のカートに統合し、データを可視化・一元管理することもできます。

集中購買・分散購買とは

集中購買は本社で一元管理ができ分析も容易になるため、データに基づいた値引き交渉もしやすくなり、分散購買は各事業所が現場単位でのニーズに合わせた、柔軟な対応が可能です。運搬コストも減りますが、少量発注が多くなるため価格交渉がむずかしくなります。

購買システムで業務効率化を図る

購買システムは業務効率化を図るために有効なシステムです。データの一元化や情報の共有など購買業務の負担を軽減できます。ただし、購買システムですべてカバーできるわけではなく、適切な取引先の選定や交渉に関する事は人間が対応など、作業の切り分けが必要です。

販売管理5原則とは?

販売管理5原則は、適切という言葉を共通項とした「取引先の選定」「品質」「数量」「納期」「価格設定」で構成されています。厳密なルールではありませんが、販売管理の基本です。販売管理5原則を無視すると効率性が悪くなり、企業の信頼性から利益まで悪影響を与える内容です。

仕入れ管理とは

仕入れ管理とは、仕入れに関する管理業務全般を指しています。商品の数量や金額だけでなく、商品の仕入れルートや材料・材質、仕入れのタイミング、適切な保管場所・製造場所の管理も網羅。仕入れ管理が適正に行われると、業務効率化が期待できます。

ローカルカタログ(CIFカタログ)

ローカルカタログ(CIFカタログ)とは、製品・サービスに関してのデータを含んだ静的ファイルです。カタログファイルを購買システムに登録・公開すると、そのカタログに掲載されている商品が選択できます。とてもシンプルで複雑な設定がなく、対象となるサプライヤーも限定されず、簡単にカタログ作成が行えます。

既存システムと購買管理システムの連携

既存システムと購買管理システムの連携により、業務効率化が期待できます。連携方法には主に3つの種類があるため、適した連携方法を見つけましょう。さらに便利な機能があれば、より連携もしやすいです。

購買管理システムとあわせてWeb-EDIを活用しよう

購買管理システムとともにぜひ活用したいのが、「Web-EDI」です。Web-EDIとはブラウザやサーバ上で電子商取引が行えるようになるシステムのことで、低コストかつ簡単に導入でき、セキュリティレベルも高いため、電子商取引を行ったことがない場合でも導入しやすくなっています。

購買管理システムを導入するべき企業の特徴

購買管理システムを導入するべき企業には、いくつかの特徴があります。基本的に紙媒体による取引を手動で行っている企業ですが、備品や消耗品の購買や管理にかかる手間で悩んでいる企業も該当します。購買管理システムは導入方法も簡単なので、ぜひ企業での導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

間接材購買をExcel管理するメリット・デメリット

間接材購買をExcel管理している企業は多いものです。Excelには使い勝手が良いというメリットがありますが、反面、手入力が必要なことや情報の変化を把握しにくいこと、セキュリティリスクが高まることなどのデメリットもあります。これらのデメリットは購買システムの導入によって克服できるはずです。

ERPと購買管理システムの違い

ERPは社内業務全体を一元管理する基幹システムのことであり、購買管理システムとは「ヒト」「モノ」「カネ」以外のデータも集約できることが違いです。EPRを導入すれば部署の垣根を超えて社内全体のデータを視認化したり、分析したりできるようになるため、経営者層の判断や社内データの分析にも役立ちます。

間接材購買におけるDX化のポイント

間接材購買をDX化すると、コスト削減や業務効率化などのメリットが得られます。間接材購買におけるDX化のポイントは大きく4つです。購買方針や導入目的をきちんと決める、プロジェクトメンバー間で共有する、データの蓄積や活用を意識する、パーチェシングのみでなくソーシングもシステム化するなどが挙げられます。

間接材購買において重要な「QCDとは」

間接材購買において重要なQCDとは、Quality(品質)、Cost(コスト)、Delivery(納期)のそれぞれの頭文字をとって並べた言葉です。品質、コスト、納期の順で重要度が高くなっています。QCDを意識せずに間接材購買を行うと、品質が低下する恐れもあり、さらには納期の延期やコストの増大などにつながる恐れもあるため注意が必要です。

間接材購買の業務プロセス「ソーシング」とは

間接材購買の業務プロセスである「ソーシング」とは、取引先の選定・交渉のことを指します。より良い条件で間接材を購買するには、取引先を選定し、交渉した上で条件を定義しなければなりません。そこでソーシングを行えば、自社が求める条件にて、自社に適した間接材を購買できる可能性が高まります。

間接材購買でガバナンスが低下する理由とは

企業における「ガバナンス」とは、企業が自社によって健全に管理される体制のことを指します。しかし間接材購買により、ガバナンスが低下してしまうことも少なくありません。部署・部門間で購買する間接材が統一されていないなどのケースが考えられ、社内における間接材購買の統一性が重要となります。

マーケットプレイスとは

「マーケットプレイス」とは、インターネット上にある電子取引所のことです。インターネット上で売り手と買い手を結びつけるものですが、「B to B」「B to C」「C to C」の3種類があります。その中でもB to Bマーケットプレイスは規模が大きく、企業の購買管理にとって様々なメリットがあるものです。

販売管理とは

販売管理とは、自社の商品を販売するための一連の業務を管理することです。商品を販売するには資材を仕入れ、製造された商品の在庫を管理しながら受注を受け、出荷し、請求を行う流れが必要となります。そのため販売管理とは、企業の金銭と物を管理する業務だと考えられます。

購買管理に関するセミナーとは

購買管理に関するセミナーは、最新情報へのアクセス、双方向の学び、有益な人脈構築のメリットがありますが、費用対価値判断の難しさと営業活動の標的にされるリスクも潜んでいます。適切なセミナーを選び、効果的に活用することで、購買管理のスキル向上に寄与できるでしょう。

建設業の販売管理システム

建設業における販売管理システムの導入に際しては、建設業向けの適切なシステムの選択が鍵となります。適切なシステムを選ぶためには、そのシステムの導入実績、各部門での使いやすさ、そして既存のシステムとの連携可能性などを考慮しなくてはいけません。

購買管理システムの展示会事情とは

購買管理システムの展示会では、製品デモやセミナー、プレゼンテーションが行われ、購買管理システムの機能や使い勝手を実際に見る機会が提供されます。参加者は、システムの操作方法や利点を詳細に理解できます。また、製品に関する不明点があればその場で解消できるのも大きなメリットです。

インボイス制度が購買管理システムに与える影響とは?

インボイス制度により、購買管理システムにも様々な影響があります。たとえば仕入れ先からインボイスが提供されない場合、仕入れコストが増加するリスクがあります。また、業務フローの変更や新たな情報の証憑管理が必要になる場合もあるでしょう。購買管理部門はインボイス制度の変化に迅速に対応することが求められます。

購買管理システムを活用したCSR調達とは?

CSR調達とは、企業が社会的責任を持って調達を遂行するアプローチです。たとえば人権やモラルをないがしろにしている企業を選ばない、消費者や社会に対する責任を持っていない企業を選ばない、といったアプローチです。自社のブランドイメージを損なわないために、CSR調達は非常に重要です。

購買管理システムを活用したグリーン調達とは?

グリーン調達とは、環境に配慮している資材・原材料、企業を選ぶ調達方法です。昨今、環境に対する意識は、企業だけでなく消費者の間でも高まりつつあります。環境問題を解決するため、環境問題に向き合う姿勢を見せるため、企業イメージのためにグリーン調達は重要です。

小売業の購買管理システム

小売業では在庫管理において負担が大きくなりがちです。小売業で購買管理システムを導入すると、在庫管理や棚卸し業務が効率化されたり、ニーズの予測に役立ったりするため導入する意味は大きいと言えます。自社の目的にあっていること、料金や機能性が適正であることなどを考慮しながら購買システムを選んでください。

飲食業の購買管理システム

購買管理システムを飲食業にて導入することには、コスト削減、人為的ミスと業務効率軽減などの効果が期待できます。飲食業では日々の売上管理とともに仕入先との取引管理が必要となりますが、飲食業に特化した購買管理システムを導入すれば業務効率の向上を図ることができます。

医療業界の購買管理システム

医療業界で購買管理システムを導入すると、コスト削減や業務効率化に役立ちます。しかし選び方にはコツがあり、医療業界に特化したシステムを選ぶこと、使いやすく既存システムとの連携が行いやすいシステムであることなどが条件です。選び方のコツを知ったうえで適した購買システムを選びましょう。

流通業の購買管理システム

流通業における購買管理システム導入には、多くのメリットがあります。業務効率化やコスト削減効果に加え、ミスの軽減、生産性維持などに役立つのが購買管理システムです。流通業では販売・在庫管理がメインであり、インボイス対応のシステムを選ぶことがポイントとなります。選び方のコツも知っておきましょう。

ホテル業界の購買管理システム

ホテル業界ではフロント業務や顧客情報の管理に購買管理システムが役立ちます。宿泊予約や確認の自動化に加えて、館内の混雑状況などをリアルタイムに把握できる便利機能もホテル業務の円滑化につながるでしょう。顧客満足度の向上にもつながるためシステムの導入を検討してみてください。

広告業界の購買管理システム

広告業では、受発注などの購買管理に加えてスケジュールの把握や進捗状況の把握が重要です。購買管理システムの選び方としては、会計管理に関する機能のほかにもシステム連携によるスケジュールの確認ができるものを選ぶことで、業務の漏れが予防できます。

教育業界の購買管理システム

購買に関するさまざまな業務や流れを電子化する購買管理システムは、教育業界でも省人化や経理部門への負担軽減に活用できます。経費精算など、金額や件数が膨大になりやすい部分を自動化するため、人の手による管理の負担がなくヒューマンエラーの防止にも役立ちます。

通販業界の購買管理システム

通販業界では、仕入れ・在庫管理・売上管理などのプロセスをサポートし、データを適切に管理する購買管理システムが適しています。クラウド型のように運用しやすいシステムや、自社の抱える課題・解決したいポイントに合わせて、導入に適したシステムを選びましょう。

AIを活用した購買管理について

AIを活用した購買管理は、企業の購買プロセスをより効率的にするものです。購買管理業務でAIを活用するメリットとして、購買業務の効率向上、費用削減などが挙げられます。さらに使いやすいインターフェースや直感的な操作性により、従業員の負担を軽減し、意思決定のサポートにも役立っています。

購買管理システムのトライアルについて

購買管理システムにはトライアルが用意されているケースが多いです。トライアルの目的としては、システムの機能を評価し、企業のニーズに適合しているかどうかを確認することが挙げられます。一定期間に集中して評価できるのも、トライアルを利用する大きなメリットです。

購買管理システムを活用したグローバル調達とは?

コスト削減や品質向上、リスク分散などのメリットがあるグローバル調達。人件費や材料費が安い国から調達することで、製品の価格競争力を向上させることが可能です。グローバル調達はいくつかのステップを踏んで行う必要がありますが、購買管理システムを活用することで調達業務の効率化と透明性の向上を実現できます。

間接材購買における災害対応とは?

間接材購買において、災害対応は非常に重要です。災害対応がされないとビジネスチャンスの喪失や事業活動の縮小、復旧遅れによる顧客離れ・業績悪化などを招く恐れがあります。購買管理システムを活用することでこれらのリスクを抑えることが可能です。

課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選