モノタロウ【通販サイト型】

モノタロウ
引用元:モノタロウ公式サイト
https://www.monotaro.com/

品揃えの豊富さが魅力のモノタロウは、工場向け間接材を中心にプライベートブランドも展開。特徴をお伝えします。

モノタロウの導入実績

公式HPに導入事例はありませんでした

モノタロウの主な機能

  • 物品購買

モノタロウの導入費用・システム利用料

導入費用 無料
システム利用料 無料

導入費用と実績で比較
「おすすめの購買システム3選」を見る

モノタロウの特徴

取り扱い商品が多く配送も
早いのが魅力

工具や消耗品など工場向けに間接資材を販売しているECサイト。一般的な通販サイトと同様に、登録すれば登録料も利用料も無料で使えます。決算システムや他のサプライヤーとの連携ができる購買システムモノタロウONE SOURCEの購買業務に特化したサイトです。

webだけではなく紙のカタログにも豊富に商品が紹介されています。カタログを見てネットで注文するのも簡単。15時までに注文すると最短で当日着もあるスピードも魅力です。

商品のラインナップは、作業服から梱包材、農業用品、水廻り部材、事務用品、オフィス家具など多岐にわたります。2021年5月調査時点で、1,800万点の取り扱いがあり、そのうち61万点が当日出荷可能商品、さらに65万点が翌日出荷可能商品です。

自社に在庫を置かなくても、モノタロウが代わりに在庫を持っていてくれるので、倉庫代わりに活用できます。「なくなったときに困るから」と、余分な在庫を保管する必要がありません。余剰在庫や保管場所などのコスト削減にもつながります。

プライベートブランド展開の
コストメリット

購入履歴が確認できるので、以前注文したものと同じ商品の発注作業が楽にできます。特定の商品を定期的に注文する場合は、定期注文も可能です。

支払い方法は、都度払いと一ヶ月まとめての支払いが選択できます。都度払いなら、クレジットカード・楽天銀行注文時支払い・代金引換が利用可能。一ヶ月まとめての支払いは、口座振替・定期振込・楽天銀行定期支払いが利用できます。

プライベートブランドも積極的に展開。その数は32万点を超えています。(2016年3月時点)モノタロウブランドの商品には、ブランドマークがついているので見てすぐに分かります。プライベートブランドは価格のメリットが大きいだけではなく、出荷日から365日以内であれば返品ができるのもメリットです。多く注文しすぎて余った時でも経費のロスを防げます。

プライベートブランド以外の商品は、一部を除き出荷日から2週間以内で返品できるので、発注ミスがあっても安心です。

モノタロウの
運営会社情報

社名 株式会社MonotaRO
設立年 2000年10月
資本金 19億9,387万円(2020年12月31日現在)

モノタロウのまとめ

モノタロウは間接資材を取り扱うECサイトです。紙のカタログもあり、カタログからの検索も簡単にできます。プライベートブランドも展開し、出荷日から365日以内の返品が可能。品揃えの豊富さと最短当日着の納品スピードが強みです。

他にも色々な購買システムがあるので、自社に必要な機能が備わったシステムを選んでください。

導入費用と実績で比較
おすすめ購買管理システム3選

購買管理システムを選ぶうえで、まずおさえておきたいのが導入実績・事例です。ここではネット上に出回っているあらゆる購買管理システムを調査し、導入実例や社名ありの事例を公式HPに記載しているメーカーの製品をピックアップ。導入費用・実績・パンチアウト接続(サプライヤサイトに直接アクセスできる)で比較してみました。(2021年5月調査時点)

▼左右にスクロールできます▼

商品名 導入費用
(※独自調査による参考値)
導入実績・企業例 パンチアウト接続が
可能なサプライヤ
SOLOEL SOLOEL
引用元:
SOLOEL公式サイト
https://www.soloel.com/

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

Lightは200万円~
Enterpriseは
1,000万円~
600社以上
大阪ガス、オムロン、カネカ、カシオ、神戸市、大京、大成建設、野村ホールディングスなど
34社
ASKUL、アズワン、Amazon Business、大塚商会、紀伊国屋書店、キングコーポレーション、コクヨ、チップワンストップ、DELL、東京硝子器械、トラスコ中山、ビックカメラ、ミスミ、ミドリ安全、MonotaROなど
coupa Coupa
引用元:
Coupa公式サイト
https://www.coupa.com/ja

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

1,000万円~ 2,000社以上
三菱重工など

(要問合わせ)
SAP Ariba SAP Ariba
引用元:
SAP Ariba公式サイト
https://www.scsk.jp/product/common/erp_overview_srm/index.html

公式サイトへ

フォームで
問い合わせる

3,000万円程度 ※社数の記載はなし
横浜ゴム、日東電工など

(要問合わせ)
課題解決に導く「購買管理システム」の入門書 費用と実績で比較おすすめ購買管理システム3選